オーギュメント

【ひとことアドバイス】

augは構成音を見ると4コードしか存在しません。例えばCaugとEaugとG#augは同じ構成音ですので、どれでもチョイスできます。まずはルート音が一番下にある状態でコードを覚えると良いでしょう。フォームは基本二つです。

▼augグループのこれだけコード▼

基本フォーム① C#augDaugD#aug

基本フォーム② FaugF#augGaug

セブンスコード Gaug7Aaug7Baug7

mini_lesson

オーギュメントを適度に使って変化を与える

オーギュメントを適度に使って変化を与えるの譜面
スマホでは画面を横にすると見やすくなります。

augは少し不思議な印象を与えるコードで、次に気持ちを上げながらつなげる効果があります。例えば1、2小節目はCで通すこともできるのですが、あえてCaugを入れることで変化を与えながらスムーズにFonCにつなげています。またaug7は通常の7thコードの代わりに使うことで曲にアクセントをつけられます。ここではG7の代わりにGaug7を使ってみました。augはちょっとした味付け程度に使うのが良さそうですね。

ゆったりとaugを使ってみる


ゆったりとaugを使ってみるの譜面
ここではdimをひとつ挟みながらaugの練習をしてみましょう。Baug7は開放弦を含んだフォームをチョイス。4小節目のGaugBaugは同じ構成音ですが、あえてスライドさせています。少しコード展開が慌ただしいかもしれませんが、ゆったりと多少ねばっこく弾くと雰囲気が出ると思います。

サウンドハウス