今回は「気になる楽器の紹介」の番外編として、ちょっと面白いギターに遭遇しましたので、ブログ形式にてご紹介します。

じゃじゃん、こちら!

Silvertone MODEL 1448
Silvertone MODEL 1448

きっと知る人ぞ知る、「Silvertone」

実はギターケース部分にアンプスピーカが付いています。そしてアンプ部にはなんと、真空管が3本も!

 

Silvertone MODEL 1448のヘッド

Silvertone MODEL 1448のアンプ部分

しかも異なる種類で3本。それぞれの右下には、名称まで印字されています。そして強引ともいえるペグの左寄せ。これはタダ者ではありません。

Silvertone MODEL 1448

ラベルを見ると1966年製。同年代で他人のような気がしません。

60年代のアメリカといえば、アポロ計画など宇宙への関心が急激に高まった時期。みんながワクワクしていた時代。50年代より続く形で、車やファッションが最高にオシャレだった時代ともいえます。

そんな事をイメージしながら、あらためて見ると、ヘッドやボディに星空をイメージするラメが。気のせいかケースもラメっている気がします。

しかもボディサイドをよく見ると…

Silvertone MODEL 1448のサイド部分

まるで鞄の格子柄のようなデザイン!どういう処理をしているのかは分かりませんが立体的なのです。その他にも、シンプルな1シングルコイルといい、パーツの渋さといい、とにかくファッション性と斬新さが優先されているのを感じます。

Silvertone MODEL 1448のボディ

いい感じの佇まい。

後で調べてみると、アメリカの百貨店であるSEARS(シアーズ)の前身、シアーズ ・ローバック社が展開していた楽器ブランドがSilvertoneとのこと。そして、このギターはカタログによる通信販売で売られていたそうです。

当時の時代背景を前提として、いろんな意味で生まれたギターだったんですね!

こういうギターは、その音を個性として受け入れた中で、ちょっとオシャレに楽しく使ってみたいものです。

サウンドハウス