Bメジャー

【ひとことアドバイス】

Bには4フレットを薬指でセーハする方法もありますが、1弦を鳴らすのが難しくなるので、上の押さえ方をご紹介しています。なおBm7とBsus4には、意外に知られていない別パターンも。

▼Bグループのこれだけコード▼

B♭Bsus4①Bsus4②B7Badd9BmBmM7Bm7①Bm7②|B

※①②はパターン1、2の略です。

mini_lesson

BとBフラットを同時にマスター!

BとBフラットを同時にマスター!の譜面
スマホでは画面を横にすると見やすくなります。

オープンコードを中心としたアコギでも避けることができないBB♭。ここでは変な感じのコード進行ではありますが、Bからの流れで一気にB♭まで攻略してしまいましょう。セーハといっても押さえるのは1弦と5弦のみ。特に1弦に気を配れば自然と押さえられると思います。

Bm7のオープンコードフォーム


Bm7のオープンコードフォームの譜面
キーがAやDの曲で良く出てくるBm7。バレーコードの中では押さえやすい方ですが、苦手な人も多いかと思います。実はB7から人差し指を離すだけでもうひとつのBm7になるのはあまり知られていません。ただバレーコードのBm7より低い音で構成されるので、ニュアンスの異なる2つのBm7を使い分けるのがベストです。

指で爪弾くBmバッキング


指で爪弾くBmバッキングの譜面
やさしい印象を持つBmはアルペジオや爪弾き奏法にも良く似合います。TAB譜のBmからBmM7へは休符を利用してすかさずコード変更。3小節目のBm7は、5弦のベース音を弾いた後に、残りを押さえると慌てないでコード変更ができます。

サウンドハウス