フラットファイブ

【ひとことアドバイス】

dimとフォームも音も似ているm7-5(マイナーセブン・フラットファイブ)。実は1音しか違いがなく別名ハーフディミニッシュとも呼ばれますが、使い方は異なるようです。基本フォームを3つあげましたので、ルートの位置がプレイにフィットするフォームを選ぶのがおすすめです。

▼m7-5グループのこれだけコード▼

基本フォーム① Cm7-5C#m7-5Dm7-5

基本フォーム② F#m7-5Gm7-5Am7-5

基本フォーム③ D#m7-5Em7-5Fm7-5

mini_lesson

m7-5の定番進行!

m7-5の定番進行!の譜面
スマホでは画面を横にすると見やすくなります。

まずはこの例から。CはAmの平行調(#や♭の数が同じ、ここではゼロ)ですが、Bm7-5E7は、Amとしてのツーファイブになっています。ツーファイブとは2番目から5番目のコードへの進行という意味です。この流れは意外にありますので、事例として確認しておくと良いでしょう。最後のAM7は少し変化球です。

F#m7-5はあのコードに似ている?!


F#m7-5はあのコードに似ている?!の譜面
ポピュラーなコードであるEmに解決するF#m7-5B7の進行も良く使われます。ところでF#m7-5は押さえてみると、何かのコードに似ていませんか…? そう、中指を離せばAmになりますね! この例のように構成音が似ていることが、実はコードアレンジのポイントのひとつとなっています。ちなみに最後のEmadd9は、親指で6弦、中指で3,2,1弦をジャラーンと弾いています。

サウンドハウス